イチゴ 栽培・育成

イチゴ栽培の基本!ランナーとは?栽培方法を教えます

投稿日:2018年1月6日 更新日:

イチゴ栽培をする上で知らなければいけないことは非常にたくさんあるが、
イチゴがどのようにして植えられ育っていくかも学んでおきたいところである。

そこで今回はイチゴが育っていく上で重要なものとなる、
ランナーというものについて紹介しよう。

1、ランナーとは

 果物というと種からまいて育てるのではと思う人もいるかもしれないが、
イチゴの場合、栽培する時は種からまくことは非常に少ない。
イチゴを種から育てることは非常に難しいとも言われているからだ。

ではどうするかというとイチゴを育てるにあたっては株から伸びたランナーと呼ばれるツルのようなものを植えつけて実を育てる。
このツルは匍匐系(ほふくけい)とも呼ばれ、先端部の芽が根をはれるような構造になっており、地上やポットなどに着地することで育っていくしくみである。

そしてまた新たな株ができるとそこからまたランナーが伸び次々と子株が増えていくのである。

 2、ランナーの栽培の流れ

①ポットにランナーを受けさせる

 7月~9月になって実の収穫が一段落した頃、親株から伸びたランナーを赤玉土などの肥料を入れたポットに受けさせる。根をきちんと張らせるポイントは水きりをこまめにすることである。

子株の根が張ったら親株のランナーを4~5cm残して切り離す。
ちなみに農家などではこの親株からランナーが伸びて育った子株のまた次の子株を栽培に用いることが多い。これは最初の子株は親からの病気などの遺伝を引き継ぎやすい傾向があるからだ。

 ②子株の定着を行う

10月頃、切り離した子株を定植する。この時植えるポイントとしては鉢のふち近くにすることである。こうしておけば実が鉢の外に垂れ、イチゴの実が土で汚れないのである。

ちなみにイチゴの花は切り離したランナーの反対側に咲くということも覚えておいた方がよいだろう。

 

いかがだったろうか?
ランナーはイチゴが増えていく上でとても重要な部分のようだ。
家庭菜園などでイチゴを増やしたいと考えている人はぜひこの知識を活かしてみてほしい。

-イチゴ, 栽培・育成
-, ,

執筆者:

関連記事

イチゴのハウス栽培について語る

イチゴはかつて露地栽培つまり屋外での栽培が行われていたが、近年ではハウスなどでの栽培が主流である。 それはなぜなのか。今回はその理由の他、ハウスでの栽培方法に流れなどをまとめてみた。 Contents …

日本橋三越で1個1728円のスカイベリー!食った感想。

久々にLab(ラボ)に行った。 別に研究とか実験するわけではなく、ただただ卒業するために論文のまとめをしに行った。 朝、8時から昼食抜きでLabに缶詰、 そこでパソコンにへばり付くこと13時間。 帰宅 …

超簡単!いちごの意外なレシピ

イチゴは実にいろいろな料理やデザートに使われている。 もちろんケーキや菓子類といったよく知られている物もあるが、 それ以外にもこんな調理法があったのかというようなレシピがたくさんあるのだ。 そこで今回 …

イチゴの種は意外な部分に!!その種はほとんど育たない!?

急ですが、問題です。 イチゴに種はあるでしょうか? それともないでしょうか? 正解は、、、あります!! しかもその種は、いつも食べている部分の粒々のそのまた中に入っています。 これ知っていましたか? …

桃の香りがする不思議ないちご!桃薫の味!

そういえば、桃いちごと言われるモノが存在するのを知っているか? あかねっ娘や桃薫というものが有名ですかね。 あかねっ娘は徳島県で、桃薫は(独)食品産業技術総合研究機構によって生まれ、茨城や長崎で生産量 …

★★最近気になるブログ★★

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

 >>  毎日むしゃむしゃ     << 

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

★★母国語を選択できます★★
You can translate

プルダウンで母国語を洗濯してね♩

★★人気の投稿 BEST5★★

ブログをメールで購読

★★メールアドレス入力で購読可能★★