イチゴ 栽培・育成

イチゴ栽培の基本!ランナーとは?栽培方法を教えます

投稿日:2018年1月6日 更新日:

イチゴ栽培をする上で知らなければいけないことは非常にたくさんあるが、
イチゴがどのようにして植えられ育っていくかも学んでおきたいところである。

そこで今回はイチゴが育っていく上で重要なものとなる、
ランナーというものについて紹介しよう。

1、ランナーとは

 果物というと種からまいて育てるのではと思う人もいるかもしれないが、
イチゴの場合、栽培する時は種からまくことは非常に少ない。
イチゴを種から育てることは非常に難しいとも言われているからだ。

ではどうするかというとイチゴを育てるにあたっては株から伸びたランナーと呼ばれるツルのようなものを植えつけて実を育てる。
このツルは匍匐系(ほふくけい)とも呼ばれ、先端部の芽が根をはれるような構造になっており、地上やポットなどに着地することで育っていくしくみである。

そしてまた新たな株ができるとそこからまたランナーが伸び次々と子株が増えていくのである。

 2、ランナーの栽培の流れ

①ポットにランナーを受けさせる

 7月~9月になって実の収穫が一段落した頃、親株から伸びたランナーを赤玉土などの肥料を入れたポットに受けさせる。根をきちんと張らせるポイントは水きりをこまめにすることである。

子株の根が張ったら親株のランナーを4~5cm残して切り離す。
ちなみに農家などではこの親株からランナーが伸びて育った子株のまた次の子株を栽培に用いることが多い。これは最初の子株は親からの病気などの遺伝を引き継ぎやすい傾向があるからだ。

 ②子株の定着を行う

10月頃、切り離した子株を定植する。この時植えるポイントとしては鉢のふち近くにすることである。こうしておけば実が鉢の外に垂れ、イチゴの実が土で汚れないのである。

ちなみにイチゴの花は切り離したランナーの反対側に咲くということも覚えておいた方がよいだろう。

 

いかがだったろうか?
ランナーはイチゴが増えていく上でとても重要な部分のようだ。
家庭菜園などでイチゴを増やしたいと考えている人はぜひこの知識を活かしてみてほしい。

-イチゴ, 栽培・育成
-, ,

執筆者:

関連記事

4カ月くらい冷凍したいちご、なつおとめ!桃じゃないよ!いちごだよ!

4カ月くらい冷凍したいちご、なつおとめを食べたらクソまずかった。 今日は、なつおとめと言ういちごの品種の実験をしたよ。 なつおとめっていちごしかないと思っていたら、桃もあるそうね。 桃のが美味しそう& …

デザートだけじゃない!イチゴの料理法

イチゴを使った料理というとどのようなものが思い浮かぶだろうか。 多くの人はケーキなどのデザートを思い浮かべるかもしれない。 しかし実際、イチゴは思っている以上にいろいろな料理や場面で使うことができるよ …

風邪をひいたらイチゴ!イチゴの効果を教えます

昔から風邪をひくと果物(厳密にイチゴは野菜)などを 食べると良いと言うこともあるが、 これは単なる民間療法などではなく、 実際にとても利にかなった方法のようだ。 その中でもイチゴは風邪に特に効果がある …

残留農薬が心配!イチゴを安全に食べる方法を教えます!

皆さんはイチゴを食べる時、どのようにして食べているだろうか? 水でさっと軽く洗ってからという人もいると思う。 しかしこの洗い方で本当にイチゴは安全に食すことができるのだろうか。 今回は意外に知られてい …

高収益!いちごの栽培方法

イチゴは最近、地域ごとにブランド化が進み、単価が高く、高収益な農作物と言われている。 そんなイチゴの栽培というのは実際の農家ではどのように行われているのだろうか。 プロのイチゴ栽培方法を知ることは、ど …

★★母国語を選択できます★★
You can translate

プルダウンで母国語を洗濯してね♩

★★新商品や栽培方法まで検索★★

★★人気の投稿 BEST5★★

★★新着記事★★

ブログをメールで購読

★★メールアドレス入力で購読可能★★

★★最近気になるブログ★★

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

 >>  毎日むしゃむしゃ     << 

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*