イチゴ イチゴの食べ方

厳選!イチゴミルクのレシピをご紹介

更新日:

イチゴミルクというとどのような食べ物を思い浮かべるだろうか。イメージとして多いのは飴や飲み物ではないだろうか。しかしこれ以外にも意外なイチゴミルク味の食べ物が存在しているらしい、そこで今回はイチゴミルク味のいろいろな食品を御紹介したい。

1、イチゴミルク羊羹(ようかん)

まず、最初のイチゴミルク味の以外な食べ物に羊羹がある。こちらは恵比須にある老舗「雄」で販売されているイチゴミルク羊羹という菓子である。このイチゴミルク羊羹は一日20個までの限定商品で発売してもすぐ売り切れてしまう人気ぶりである。この羊羹には茨城産の高級イチゴがたっぷりと使われている。見た目は白いババロアのような羊羹にイチゴが贅沢に使われているといった感じである。このイチゴミルク羊羹は、ぷるぷるした感触もありながら、きちんと羊羹であることが分かるそうで、一度は食べてみたい菓子の一つである。http://beauty-jyouhoukyoku.blog.jp/archives/4973712.html

2、イチゴミルクふんわり食パン

こちらは様々なパン製造で有名なヤマザキから発売されている食パンである。なんとパンが薄いピンク色、つまりイチゴミルクの色になっているのだ。なんでも生地にイチゴシロップと練乳を練り込んであるとか。香りや味に関してもイチゴの甘さや酸味が感じられるのだということだ。見た目も可愛いので工夫した料理を作りたい時にも役立ちそうである。このパンは関東圏のスーパーなどで販売されているらしい。
https://entabe.jp/news/gourmet/15034/yamazaki-funwari-shokupan-ichigo

3、博多の人あまおう苺ミルク味

こちらの製品は博多にある二鶴堂で販売されているものである。このお菓子はロール状のバームクーヘンで、外側の部分のバームクーヘン生地には福岡県産のあまおうイチゴが使用されている。そして筒状の真ん中には白餡をベースにホイップクリーム、練乳などが使用され、外側と中側を同時に食べることでイチゴミルクのような味を楽しむことができるのだ。オンラインショップでも注文ができるようなのでぜひ機会があれば食べてみてほしい。http://www.nikakudou.co.jp/commodity/index12.html

4、ペプシピンクコーラ

こちらはサントリー食品インターナショナルから発売されているピンクのイチゴミルク味の炭酸飲料だ。2011年に発売されたペプシピンクが人気であったため、再び名前を変えて再販売したとのこと。ちなみに季節限定商品である。味は甘味と爽快感が案外にうまく調和して美味しいとのことである。http://www.huffingtonpost.jp/2014/12/08/pepsi-pink-cola_n_6291944.html

いかがだっただろうか?イチゴミルクというと甘い飴や、甘味の強い濃い色のピンクの飲料を想像してしまいがちであるが、実際はいろいろなイチゴミルク味の製品が存在しているようだ。

-イチゴ, イチゴの食べ方
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© イチゴログ , 2019 All Rights Reserved.